もともと私は占いは興味があってもあまり信じないタイプで、今でも占いにハマってしまう人には共感ができないのですが、六星占術だけはかなり信じています。

というのも昔六星占術が流行った時に友達が私の占いもしてくれたのがきっかけでした。

私は水星人マイナスだと言われ性格も近からず遠からずだったのですが、友人に今年から大殺界だから気をつけた方が良いよと忠告されました。

大殺界は仕事や恋愛やあらゆることがうまくいかない時期らしいのですが特に気にせず生活をしていました。

しかし忠告を受けてからしばらくすると悪いことが次々に起こり始めたのです。

まず、その年は身内で不幸が三回あり、付き合っていた彼氏がなんお前触れもなく蒸発してしまったのです。

そして普段は健康が取り柄の私がインフルエンザや水疱瘡にかかったり、

手術と入院が必要な病気になってしまったり偶然にしてはあまりにも悪いことが起こり、ふと大殺界と言われたことを思い出し怖くなりました。

なんとか大殺界は乗り切りましたが、それからというもの何か新しいことを始めるときは六星占術を参考にするようになりました。

そのおかげか立花という何か新しいことを始めるのに最適な時期には自然と結婚が決まったり、妊娠したりと嬉しいことがたくさんでした。

今年は夫が大殺界に入るのでいろんなことに気をつけていきたいなと思っています。